個人で運営しているため、拙さも含めて楽しんでいただければと思います。デザインの良さや、できるだけ高速にページを読み込むよう努力していますが、アクセスが多い時間ですと、一時的に速度が落ちる場合があります。ひっそり楽しんでいただければ幸いです。

【レビュー】VISION EARS Erlkönig(エルケーニッヒ) 価格 60万以上

聞いたこともない方もいらっしゃると思いますし、聞く機会は限られていると思います。色々イヤホン聞いてる人間から少しレビューさせていただければ幸いです。

知る人ぞ知る、弩級イヤホンです。

スーパー高い∩^ω^∩

外観

ウルトラマンです。

イヤピースを外した状態↑

上の引っ掛かりにマイナスドライバーを差し込んで、マグネットで固定されているフェイスプレートを外して、好みのフェイスプレート(3万円)をつけることができます。

古の刻印が入っています。以前、古代ローマに行ったときに見たものと同じでした。

2.5mmプラグです。

スペック

13BAドライバー(4Low/4Mid/4High/1Super tweeter)

5Way

筐体にはシルバーシェルを採用。

回転式スイッチで音質の変更が可能↓

・1 : Powerful Bass(パワフルベース)
・2 : Moderate Bass(適度なベース)
・3 : Super High(スーパーハイ)
・4 : Forward Mids(前にでる中域)

音質

正直、とてもいいです。めっちゃくちゃ欲しいです。

ずっと聴いていたくなる音です。バッテリー切れになるくらい長い時間聞き入ってしまいました。上質な音に包まれる感覚です。

今回は2.5mmバランスケーブルで聴かせていただきました。

1 パワフルベース。

まず、低域から

柔らかくも芯があり広がりを持っており、どっしりとした音が出ます。

かなり量感があるにもかかわらず、全くボーカルにかぶることがないです。

高域はすっと伸びていきます。

とにかく全ての帯域の繋がりがスムーズで全く違和感がないです。

音までの距離感が遠すぎず、近すぎず、本当に心地よい音です。

2 適度なベース。

3や4とくらべて低域の量感は多いです。

4のボーカルより距離感が適切でこっちの方が伸びがよく聞き心地は良いです。(どっちもいいですけど、曲によってはこっちの方が好みの場合が多かった)

適度といってもしっかりアタック感はあり音圧は強めです。

低域に関しては1のベースを量感少なくした分、タイトにした感じです。中高域はあまり変わってないと思います。

↑装着イメージ。

3 スーパーハイ。

スーパーハイというだけあって高域キンキンになるのかと思っていましたが、そんなことは全くありません。低域の量感が減って、スゥーと伸びていく音です。

それでも低域はしっかり出ています。(よく耳にする高域よりのイヤホンより全然出てます。)

4 前に出る中域。

確かにボーカルが近くなりました。

これすごい好きです。高域はやや大人しめになりました。

声を中心に聞きたい時は重宝しそうです!

その他

実際に触ってみて思ったのですが、しっかりと高級感があります。

重量感はありますが、表面加工、形もありフィッティングは非常に良好です。

価格が価格ですが、それに見合う上質な音だと思います。

自分みたいな一般人には買うのに躊躇する値段ですが、

お金持ちの方はいますぐ買うべきだと思います。

一聴でも、万人受けする音作りですし、本当に音の細かいところまで見ればいかに上質かどうかはわかると思います。

欠点

  • 価格
  • イヤピースが外れやすい
  • 重量は重めでカスタムではない

当然ながら、価格は非常に高いです。これが適性であるかは置いておいて、音の完成度自体は高いことは知っておいて欲しいです。

外観の写真を見ていただければ分かると思いますがシェルからステムまでに凹凸がなくイヤピースの引っ掛かりがないため、イヤピース側が緩くなれば、取り外しの際に耳にイヤピースが残ることがあります。(今回は中古の試聴ということもありそれが顕著でした。もしかしたらこれが原因で元のオーナーは売られたのかもしれません。)

重いのもあって長時間の使用は疲れそうです。また、リセールバリューを考えると、販売店としては高額なものほど安く買い取られる傾向にありますし、一生ものであればカスタムの方がいいと考えています。ただ、音を共有する楽しみなどを踏まえるとここは短所でもありますし、長所でもあります。

総評

割りと聞く前は癖のある音作りだと思っていたのに、それを嘲笑うかのようにバランスのいい音ですし、特に低域に至っては誰が聞いても満足出来る量感に調節できるところがいいなと思いました。音と音のつながりがスムーズで、高域も刺さることは一切なく伸びていて素晴らしいです。

やっぱり2が一番好きですかね。その次が3。

1と4は曲によって楽しめそうです!!!!

ボーカルが全く擦れないのが本当にすごいです。余裕の塊りと言いますか、全てに置いてどんな音源もこなせそうです。

音に関して全く文句はないです!!!素晴らしい!!!

リンクがなかったので同じドイツのウルトラゾーン↓とりあえず買っといて 価格についてはごめんなさい


ウルトラゾーン ハイブリッド密閉型イヤホンULTRASONE SAPHIRE ULT-SAPHIRE
中の人と会う↓