深化と進化というデザインとコンセプト。記事の内容がんばりますので、少しでも参考にしていただければ幸いです。

【リケーブル】【レビュー】NOBUNAGA Labs 「梵」 #FitEar #初 #雋

現在、東京はコロナ対策の瀬戸際段階にきています。不要不急の外出はこのブログを読んでいる方もご協力お願いいたします。

結論から申し上げますと、FitEarと相性は良いので、予算に余裕がある方は購入した方がいいと思います。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、以前書いた胡蝶のレビューもご覧いただければと思います。今回は、3.5mmに回帰しまして、梵を購入してみました。

「梵」、これは須山社長が日本酒好きなことから命名されたようで、「初」、「雋」も同様でございます。

「ぼん」と読みますが、調べてみると、「そよぎ」とも読むそうなので、自分としてはなんかかっこいいので”そよぎ”って呼んでみることにします。「そよぎ」いい響です。「そよぎ」ってよくないですか?いいですよね?いいですよね(脅迫)(いきなり脱線していくスタイル)

 
食べ過ぎには注意して。
破格の純銀金メッキケーブルのFitEar端子モデルが遂に来ました。

パッケージ

いつものパッケージです。柔らかい素材すぎても中身にダメージがあるので、これくらい紙とプラスチックの箱はコストカットにはちょうどいいのかもしれません。ただ、中身は動き放題です。

コロナの影響で店舗は閉鎖されていますが、eイヤホンさんしっかり仕事はします。発売日に届きました。11時頃でしょうか。

販売店舗は限られていまして、eイヤホンさんとフジヤエービックさんの2つのみです。家電量販店では取り扱いはないので注意しましょう。

スペック/仕様

線材:4N純銀 8芯・金メッキ&長さ:120cm

線材は4N純銀 8芯・金メッキです。これが目玉です。Marsが有名ですが、これがこの価格で手に入るということが奇跡です。

インピーダンスは0.5Ω以下とのこと。

それより

神々しいです。

手前側とかうねる雷のように見えます。

見た目だけでもご飯15杯くらいいけますよね。

音の立ち上がりが速く、繊細で表現豊かな再現力を可能にする4N純銀線に金メッキ加 工を施し、解像度の高い明瞭な高域を保ちながら、バランスの取れた自然で躍動感あ る中低域を実現します。また、1芯あたり35本の8芯構成にすることで、定位感と情報 量を高め、微細な音の変化や自然な余韻の響きまでも表現します。 さらに、導体を真円化することで導体自体の柔軟性と耐久性が飛躍的に向上。折り曲げや急激な温度変化にさらされても安定した信号伝達の役割を果たします。

外被には柔軟性・耐摩耗性・弾性・靭性など、多くの優れた特性を持つTPUを採用。非常にしなやかで取り回しがしやすく、タッチノイズの低減化により快適な使い心地を実 現します。

左右のセパレーションを改善してクロストークを抑制するために、グランド部分を分 離した8芯編み込み構成を採 用。アンバランス接続時でも明瞭な定位と空間表現、そ して、歪みを抑えた低域再生を可能にします。

分岐部分、スプリッター

アルミアルマイト加工の効果か、非常に軽いのに、高級感があります。

ちなみにアルマイト加工というのは人工的にアルミの表面に酸化皮膜を作って、錆びにくくする処理だったと思います。

また、キンバーケーブルで問題になった、ハンダ付けの加工もないため特性も反映せず、抵抗も発生しません。

電気抵抗の原因となる分岐部分のはんだ接合工程(ジョイント加工)を施さず、ケーブ ルの編込みピッチを均等化 することで、伝送特性が変化しない理想的な設計を実現。 ケーブル本来の特性を余すことなく発揮します。

Y分岐部分とケーブルスライダーには、ブラックのアルミアルマイト加工を施し、シ ンプルながら高級感を強調。移動中の使用時でも、確実な装着ができるようケーブル スライダーを採用しています。

純正コネクタの使用(取付は須山補聴器に委託)

FitEarコネクタです。須山補聴器で取り付けを委託しているだけあって安心感が違います。純正のコネクタの中でも大きい方が選択されています。これは8芯であるためでしょう。

ちなみに取り付けを自社で行えないため、コストはかかります。これをORBさんの場合上乗せしていますが、Nobunaga labsさんは据え置きで出しています。ありがたいですね。

また、イヤーフックがないのも玄人向けで、非常にポイント高いです。そもそもあんなんもともと取り付ける必要ないですからね。むしろ、耳に密着しないためタッチノイズが乗りやすい、ケーブルが絡まりやすいなどの問題。さらには質量がほんの少しですが増加するなど特段こだわりがない、ステージで使うことがない場合は全然必要ないと思っています。あって困ったことはあっても、なくて困ったことはないです。

どうしても欲しい場合、Finalさんが出してる後付けのシリコンのイヤーフックを取り付ければ万事解決なわけですから。(あれ結構好き。ORBの奴でも可)

eイヤクリニックに別途、取り外すために修理に出してる人もいるんですよね。

自分の場合は簡単なので、自分でやっちゃいますが。。。(処理はうんこ)

コネクタ部分は、金メッキ処理を施し、接触抵抗を抑え、高い電気伝導性を発揮するFitEar 純正コネクタを採用。

長期にわたり安定した接続を可能にします。

プラグ部分の処理(高品質な日本製プラグ)

特に問題はなさそうです。やや透明度の低い収縮チューブかな。やや、見本より短い気がします。(実際短い)

プラグ部分は、24K金メッキ処理を施した高品質な日本製を採用し、安定的な接続環境と伝導率の効率化を実現します。さらにフラッシュメッキ処理の後、特殊処理を施すことにより、メッキ剥がれや酸化侵食などのトラブルを長期にわたって防止します。シェル部分は、NOBUNAGA Labsオリジナルのマットブラックデザイン採用で、シンプルながら高級感を強調します。

音質/高域は繊細、低域は豊潤、中域は色気。

今回は主に最近よく使っている、MH334SRやFitEar EST Customでじっくりと聞いていきたいと思います。

一言で言うなら、濃厚な音です。一度つけると、もう耳から外したくなくなるほど豊潤な音の世界がやってきます。また、情報量も多いので曲によっては新たな発見があると思います。

柔らかくもあり、繊細でもあり、ふくよかでもあり、優しい音をしています。(少し音が遠く感じると思います。)

このケーブルを語る上で非常に大切になってくるのが”響き”と言う部分です。

公式では余韻と立体感と表現していますが、本当にその通りです。音が立体的かつ、程よく音が拡散していきます。

逆に低域側の音の歯切れの良さを求める方にはあまり向かないかもしれません。パッキパキの音を求める方には合わないと思います。

芯の数が多いのもあり、空間表現はトップクラスだと思います。

高域側はMH334SRに付けるとMaverickのような高域の情報量になるイメージがあります。とっても細かく鳴っています。(LiSAのADAMAS等はシンバルの音の音の粒をよく聞くことができます。)

下側は結構濃厚なのに上側はスッキリとして伸びが良いのがすごくいいです。

芯の数、線材、細部へのこだわり、取り回しの良さ、価格を含めて総合的に考えると、替えのきかないケーブルなのではないでしょうか。

音のバランス 

高域☆☆☆☆☆★

中域☆☆☆☆☆★

低域☆☆☆☆☆★

やや中低域が厚いと感じます。特にボーカルの帯域は非常にいいです。

曲によっては高域側の情報量がえげつなくなったりで、全ての帯域において、さらに一歩踏み込んだ濃厚な音になると思います。また、曲によって色んな表情を見せてくれるのではと感じています。

特にHiが強かったり、lowが強いと言うことはないです。

EST Customとの組み合わせ。

ZARDとの相性はとてもいいです。

MidからHiにかけての艶がかなりいいです。

334SRの方がやっぱり相性良さそうです。逆にこっちはくっきりしたケーブルの方がいいかも。

購入はこちらから【Amazon】


NOBUNAGA Labs リケーブル 梵(bon)【3.5mmステレオミニプラグ/FitEarコネクタ】 NLS-BON

最後になんか書くやつ

この記事を作成するにあたって、今回からスラッグも意識して作るようにしました。また数字、その他記号、英語は半角に統一していきます。

ケーブルについて思ったのは多ドラと相性良い気がします。やっぱり情報の処理能力という点で多ドラは優秀なので、それでいてBA型の音の硬さが解れるところが味噌です。

FitEarユーザー(特にMH334SRユーザー)は絶対購入すべきケーブルだと思います。

 
将来は警察犬になりたかった。
おすすめだよ!

しかし、このケーブルだけでいいのか?というとそうではないと思います。

梵は例えるなら、ミルクティ。(紅茶花伝ではなく、リプトンか午後の紅茶のあっさりさが少しある感じ)

ミルクティはたしかに最高に美味しいです。

でも毎日、ミルクティは飽きませんか?水やお茶も飲みたくなると思います。

そんな時はやっぱりリケーブルしましょう。日々の体調や気分によって使い分けはできそうです。

Nobunaga さんの方でもたくさん他の種類のケーブルを出されているので、みてみてはいかがですか?

結局、沼は終わらない、、、。

あと一つ言いたいのが、高級DAPである必要はないということです。ケーブルを変えるだけでも、普段聴いているスマホの音も良くなりますし、10万を超えるDAPを買う余裕はないけど3万くらいなら出せそうっていう方にも非常におすすめです。

ちなみに、FitEarのケーブルは水はORB、ハーブティーがWAGNUS、Luminoxは炭酸みたいなイメージで使い分けてたりしなかったり(比喩はわかりすぎてもいけないし、わかりにくくてもだめ。ってどっかの番組でやってました。)

割と最近ハーブティーが好きだったり。

from カヤノート.com

日本酒飲まない?【Amazon】


梵 日本の翼 純米大吟醸 720ml 【専用カートン入り】

対応機種(限定版を除くほぼ全て)

・カスタムIEM:MH334(SR) 335DW(SR)/Monet17/Private 222 223 333/Aya (snow)/Custom Room/DC EST-Custom/TITAN Air Air2

・ユニバーサル:EST Universal,TO GO!335,TO GO!334,Parterre,fitear,Universal

対応機種とか、、、、。まぁ、とりあえずFitEar製品ならまず使えると思っていただいて大丈夫だと思います。

中の人と会う↓