深化と進化というデザインとコンセプト。記事の内容がんばりますので、少しでも参考にしていただければ幸いです。

【レビュー】AK380 AMP〜あゝやっぱり良い〜

少し暑いですね。すごくダラダラしてます。

外観

駆動力の必要なESTcustomで軽く試聴!

持った感じは結構重いですが、横には長くないため安定しています。

背面はヘアライン加工。

光る!

購入もできるよ!⤴︎

AK380と比べて音質はどう変わるの?

主にハイゲインのことについてお話しします。

まず、線の細かった音に厚みがでます。簡単に言えばパワフルになります。

そして低域側の掘り下げがされ、より深い立体感のある低域がでます。

ただ、ノイズは多くなりますので、ヘッドホンや感度の低いイヤホンとの相性がいいと思います。

単体の方がトータル的に考えるといいと思います。トレードオフです。

重さは気になりますか?

SP1000よりも画面サイズも小さく、サイズ感も小さい、またアルミ素材なのでほとんど重さは気になりませんでした。

ただ、充電時間が長くなるので使いづらくなる印象です。

価格はどのくらいで手に入りますか?

AK380を中古で買うとすると現在8〜9万くらいでしょうか?それとAMPが中古で2万前後で手に入ると思います。うまくいけばAMPとセットで10万切って買えると思います。

ケースは買う必要はありますか?

個人的には重さが出ちゃうので、家用で使っているので、特に必要と感じたことはないです。また、熱を非常に持ちやすいので、排熱のためにつけていません。

まとめ

結構前の機種ですが、ふと思い立ったのでレビューしてみました。

Type-Cへの移行で手放してしまいましたが、この頃のAKの音作りは最高だと思います。

中の人と会う↓