#アニメ#フィギュア#オーディオ#PC#スマホ#適当に見ていって下さい。#いつも見に来て下さる方ありがとうございます!

【レビュー】FW10000とIER-Z1R ~国産ハイエンド~

上 FW10000 下 IER-Z1R

国産高級機といえば、VICTER HA-FW10000とSony IER-Z1Rでしょう。

この二つを聞き比べてみたいなと思ったので、eイヤホンさんに行って聞き比べてみました。筆者はIER-Z1Rは装着感を理由に敬遠。FW10000はD型1発に18万?と思い購入には至っていません。

装着感

どちらも耳にピタッとくっつく感じはなく、耳掛けケーブルとイヤーピース の部分で固定されている感じでした。

耳からはどちらも少し飛び出すようで、ベッドに寝ながら聴くと横向きになった時痛くなりそうです。

音質

簡単にまとめてしまうと、FW10000はダイナミック型でありながら、綺麗な中高音を出す機種。IER-Z1Rはホールのようなサウンドステージで、全て音が主張しすぎることがなくバランスのいい美音を奏でてくれる機種でした。

こっからは好みの問題ですが、IER-Z1Rと比べるとFW10000は明らかに低音の量が少なく物足りなさを感じました。ただ、バランスが悪いのではなく、低音がある程度は欲しいという方には向きません。そしてIER-Z1Rは悪くいえばおとなしすぎるかもしれません。他の高級機と比べて音が奥に引っ込んでしまっている印象を受けます。ボーカルが前に出てきて、楽器が奥に出てくる機種が好きなので、少し刺激が少なく感じました。ただ、映画鑑賞やニュートラルに何かを聞きたいとなればこの万能機は無類の強さでしょう。

質感

どちらも高級機らしく、とても綺麗です。ただ、FW10000の方は汚れが目立ちやすい印象を受けました。

ケーブルはL字でクネクネ曲がる!かつ絡みにくいIER-Z1Rの方がすきです。

どっちがベストバイ?

個人的にはIER-Z1Rでしょう。これを1機種持っておけば、なんでも快適に聞けますし、音楽のジャンルや使用用途を選ばないと思います。

FW10000はかなりマニアックな代物でして、ハマる音楽は鳥肌ものですが、苦手なジャンルはありそうです。

IER-Z1Rも価格が落ち着いてきたら、買っても良さそうですが、筐体が大きく、装着感があまりいい感じではないです。重いですし。ただ、国内生産、高級感、安心感を考えると、これを買っておけば間違いないってのは感じます。

中の人と会う↓